“ゆっくりしていただく”

シンプルですが、いとうやのおもてなしの基本です。 銀山温泉は山間の小さな温泉です。 温泉街を流れる銀山川の両岸に大正時代に建てられた旅館を中心に二十数軒の 建物が軒を連ねています。
ここでは、まだまだ、大正昭和のゆっくりとした時間が流れています。この “ゆっくり”とした雰囲気をそのまま感じ取れるようなもてなしを、いとうやは提供したいと考えています。

“いとうやで楽しむポイント”

いとうやは、1日4組限定の宿です。 お客様1人1人満足していただけるよう、 人数を限定させていただいております。 いとうや自慢のおもてなし料理を 是非ご賞味くださいませ。

銀山温泉、いとうやの貸し切り風呂

ここ銀山温泉は寛保年間(1741~43)頃から湯治場として次第に名を上げてきました。いとうやでもそんな銀山温泉を源泉掛け流しの貸切風呂でご用意いたしております。

TEL:0237-28-2025

© 旅籠いとうや

料理

いとうや料理へのこだわり

いとうやでは、1日4組限定だからこそできる、
料理へのこだわりをもって
お客様にお出ししております。
いとうやがお出しする料理は、1品1品が主役です。
あたたかいものは、あたたかいうちに・・・
つめたいものは、つめたいうちに・・・
当たり前の事ですが、その心を忘れずに、
1品1品丁寧に作りお出ししております。

こだわりぬいた、
いとうやのおもてなし料理

その日その日ならではの旬の食材

地元の無農薬の大豆でお豆腐を作る農家のご夫婦。
自分で牛を育てているお肉屋さん。
獲れたての地魚を送ってくれる酒田の魚屋さん。
近くの川から岩魚や鮎を獲って届けてくれる人。
そして、周りの山から春の山菜、秋のきのこや山栗を採ってくるのは我が家のじじとばば。
地元の人の思いのこもった食材は、いとうやのお料理には欠かせない ものです。



TEL:0237-28-2025

© 旅籠いとうや

温泉

銀山温泉、温泉街の歩み

銀山温泉の開湯は寛永年間(1624~43)。 日本三大銀山のも数えられた延沢銀山の鉱夫が偶然に見つけたことに始まりと伝えられています。 寛保年間(1741~43)頃から銀山温泉は湯治場として次第に名を上げ湯端宿屋などが建ち並ぶようになりました。 大正2年に銀山川が氾濫を起こし銀山温泉のほとんどの建物が被害を出す大惨事が起こります。 しかしこの惨事の結果、銀山温泉の温泉旅館や温泉宿がほぼ同時期に建て替えられることになり、 現在でも大正時代から昭和初期にかけての3~4階建て木造旅館による町並みが形成されていきます。

源泉かけ流しの贅沢なお風呂

いとうや自慢の源泉掛け流しのお風呂は内風呂も露天風呂も両方とも貸切風呂として利用していただいております。1組1組のお客様にゆったりとくつろいで頂けるように、おもてなしさせていただいております。

露天風呂です。源泉掛け流しです。

内風呂です。もちろん内風呂も源泉掛け流しです。

洗面所です。常に清潔を心がけております。

TEL:0237-28-2025

© 旅籠いとうや

旅籠いとうや

和のくつろぎを・・・

ぬくもりを感じる木に包まれた空間に、
やわらかい光があふれる。
心を和ませる小物に、季節を感じる。
そんな和の空間が織り成すくつろぎの時間・・・。
ようこそ、旅籠へ・・・。

1日4組限定のわけ

いとうやは、私たち家族五人で営んでおります。
お部屋は、川側、山側あわせて4部屋をご用意いたしております。
お客様の“ゆっくり”といとうやの“おもてなし”の
ちょうどいいところを考えて一日限定四組に行き着きました。

川側のお部屋

さわらび

このお部屋のタイプは和室8畳となっております。
ご家族、友達同士などゆったりと過ごせる
部屋タイプになります。
和の心をゆったりとご堪能くださいませ。
なお、このお部屋の窓からは銀山温泉の
町並みを見下ろす事ができます。


すずかぜ

このお部屋のタイプは和室8畳となっております。 ご家族、友達同士などゆったりと過ごせる部屋タイプになります。
和の心をゆったりとご堪能くださいませ。 なお、このお部屋の窓からは銀山温泉の町並みを見下ろす事ができます


山側のお部屋

あわゆき

このお部屋の部屋タイプは、和室10畳となっております。他のお部屋より広めなつくりで人気のお部屋です。
ご家族、友達同士などと、広々とゆったりしていただけます。こちらのお部屋は山側のお部屋になります。


くれない

このお部屋は和洋室になっております。ご家族、友達同士などゆったりと過ごせる部屋タイプになります。
こちらのお部屋は山側のお部屋になります。


施設概要

アメニティー ハンドタオル、バスタオル、歯ブラシ、 シャワーキャップ、髭剃り、ドライヤー、シャンプー、ボディシャンプー、リンス、綿棒
浴衣、半てん、羽毛布団
施設 全室 洗面所、シャワートイレ、冷暖房、テレビ付
1階 エントランス、膳所、内風呂「とんちぼう」(内風呂)
2階 客間4室、露天風呂「かわらべ」

旅籠いとうやの歴史

創業100年。 2010年12月 リニューアルオープンいたしました。
設計:伊藤俊明一級建築士事務所様
施工:株式会社市村工務店様

TEL:0237-28-2025

© 旅籠いとうや

お問い合わせ

山形・銀山温泉

旅籠いとうや|1日4組限定の宿

〒999-4333
山形県尾花沢市銀山温泉447

TEL:0237-28-2025

© 旅籠いとうや

交通案内

旅籠いとうや

〒999-4333
山形県尾花沢市銀山温泉447

旅籠いとうやへの道のり

お車でのお越しのお客様

仙台から一般道
仙台→国道48号線→関山峠→東根→国道13号線→尾花沢ー銀山

東京から高速道路
東京→東北道→村田JCT→山形道→山形JCT→東北中央道→東根IC-尾花沢ー銀山

盛岡から高速道路
盛岡→東北道→古川IC→国道47号線→尾花沢ー銀山

詳しい情報 NEXCO東日本

電車・バスでのお越しのお客様

JR山形新幹線
東京→(約3時間)→大石田駅

東京→(約3時間)→大石田駅
JR東日本

尾花沢経由銀山行バス(40分)
尾花沢市観光情報ボンネットバス案内ページ

駐車場のご案内

県道188号線を銀山温泉まで道なりに。温泉街に掛かる橋を直進したところに駐車場がございます。 ご案内にあがりますのでご一報くださいませ。

TEL:0237-28-2025

© 旅籠いとうや