銀山温泉 旅籠いとうや

銀山温泉・温泉街の歩み

銀山温泉の開湯は寛永年間(1624~43)。
日本三大銀山に数えられた延沢銀山の鉱夫が見つけたことが始まりと伝えられています。
寛保年間(1741~43)頃から銀山温泉は湯治場として
次第に名を上げ湯端宿屋などが建ち並ぶようになりました。
大正2年に銀山川の氾濫で、銀山温泉のほとんどの建物が被害を出す大惨事が起こります。
しかしこの惨事の結果、銀山温泉の温泉旅館や温泉宿がほぼ同時期に建て替えられることになり、
現在でも大正時代から昭和初期にかけての3~4階建て木造旅館による町並みが形成されていきます。 

厳選かけ流しの2つの貸切風呂

一階には内湯、二階には露天風呂と、それぞれを貸切風呂としてご利用いただけます。
1組1組のお客様にゆったりとくつろいで頂けるように、
おもてなしさせていただいております。
※男女別のお風呂はなく、空いていれば中から鍵をしていただき貸切にてご利用いただけます。 

無色透明でほんのりと硫黄の香りが漂う天然温泉

いとうやのお湯は、やや乳白色ながら透明で、僅かに硫化水素臭(硫黄臭)がします。
湯触りは高温泉なのですが柔らかく、入浴中も湯上がりも肌触りがサラサラとしています。
弱酸性の湯質が、優しく肌を包み込みます。湯量豊富な源泉を掛け流しでご提供しておりますので、
いつでも新鮮で清潔な温泉を楽しんでいただくことが出来ます。